徒然なるままに

日常生活における備忘録

ES対策

この前、とある就活対策セミナーなるものに行って、
中々良いことを学べたので、
そこで教わったことをまとめてみた。

心構え

  • 一枚で全てを知ってもらおうとする熱意
  • ESは採用の最後までついてまわるということ
    • 最終面接まで、質問等ESに書いてあること中心に聞かれることが多い
  • 丁寧に書く

テクニック

  • 聞かれたいことについて書く
    • わざと説明不足にする
  • 「心をつかむ」
    • 他の人とは違う「何か」
      • 自分の行動を見つめ直す
      • 他の人から言われたこと
    • 説得力をもたせる(e.g.具体例) ⇄ 抽象的な言葉は、印象に残らない(e.g.企業HPに書いてある言葉)
  • 結論をひとことで(Why so~?)
    • 〇〇がしたい。〇〇する能力がある
  • センテンスは短く
    • 1文に1情報を心掛ける
  • 読みやすい
    • 文字の大きさ、アンダーバー
    • 改行・空白で項目分け
    • キーワードを目立たせる
  • 見出し
    • 常に文章で埋める必要はない
    • 一行の三分の一くらいの分量で、コンパクトに
  • NG
    • 内容が古い
    • 抽象的
    • 結論が遅い
    • センテンスが長い

実際に書いたら

  • 下書き→見直し→清書→見直し
  • 声に出して見る
  • 他の人に見てもらう
  • 必ずコピーをとる
    • どの会社にどんなESを出したかを把握しておくため
広告を非表示にする